INAUGURAL MESSAGE FROM NOBEL LAUREATE PROFESSOR MUHAMMAD YUNUS

message

ムハマド・ユヌス博士からのメッセージ

ジャパンアクションタンクの設立おめでとうございます。
ついに日本でもアクションタンクが設立されソーシャルビジネスの発展に寄与できる体制が出来たことを大変嬉しく思います。

アクションタンクとは何かについてお話ししたいと思います。
日本では多くの若者や起業家、ビジネスマンがソーシャルビジネスに対し多大な関心を 持ってくれています。日本を訪問する度、私はそのことを強く感じてきました。
ただ一方で各個人や個々の組織が意見交換の場や経験を供する場が少ないようにも思いました。
もっと多くの人々が交流し情報を共有できれば日本におけるソーシャルビジネスはより 強固に拡大し発展していくのではないでしょうか。
また現在ソーシャルビジネスを実践している個人や組織にとっても横断的に他のソーシャルビジネスを運営する団体と情報を共有出来れば、自らのソーシャルビジネスをより良く発展させることが可能になると思います。
ジャパンアクションタンクにはソーシャルビジネスを展開する組織や個人の中心となり 傘の軸(柄)のような役割を果たしてくれることを期待しています。
具体的には個々の好事例やノウハウの共有が出来る場を提供するという役割を果たします。ソーシャルビジネスに関心を持つ若者にとって情熱はあっても何をどのように進めればいいのか分からないという人も沢山おられるでしょう。アクションタンクを通じて先駆者が彼らのメンターになってくれるでしょう。
そのような切磋琢磨の機会があれば日本におけるソーシャルビジネスは飛躍的な発展してくれるものと信じています。
アクションタンクは既にフランス、インドで設立され様々な活動を展開しています。
これから世界中でアクションタンクが設立されソーシャルビジネスの発展と拡大に貢献 してくれることでしょう。
今後は日本のアクションタンクがその中心となりリードしてくれることを期待しています。
ソーシャルビジネスを通じて社会的課題を解決しより良い世界を構築したいと考えている 多くの方々がジャパンアクションタンクに参加されることを強く希望します。
あらためてジャパンアクションタンクの設立、おめでとうございます。これからの発展を 心から祈念します。

                

ムハマド・ユヌス

Japan Action Tank概要

一般社団法人 Japan Action Tankは、2006年にノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士が提唱されるソーシャルビジネスを日本で多くの方に認知してもらい、その活動が広がることを目指すため、2019年4月に設立されました。
3つのゼロの世界、貧困0、失業0、CO2排出0の世界を具現化するための組織として活動していきます。

一般社団法人名 一般社団法人Japan Action Tank
代表理事 出雲 充(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)
理事 米倉 誠一郎(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 教授         一橋大学イノベーション研究センター 名誉教授)
藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク 代表)
平尾  恒明(クレディ・スイス銀行 プライベートバンキング 日本代表)
事務局長 佐竹 右行
事務所 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルディング 10F
050-3646-2859
方針 日本にソーシャルビジネスの概念を広める中核的役割を担う
国内・国外の社会的課題をビジネスの手法を通じて解決する
設立目的 日本でユヌスソーシャルビジネスが展開されるための啓蒙活動と実践 ソーシャルビジネスを将来実践したいと考える個人、団体のサポート ソーシャルビジネスを展開する各団体と横断的な交流の場を設けることにより互いの理解を深め、情報共有の機会を創設
活動内容 Japan Action Tank Forumの開催 (ユヌス博士招聘)
ユヌス博士と経営トップとの面談
ソーシャルビジネス勉強会の開催
SDGs体験型研修の開催

後援

株式会社ユーグレナ
九州大学 ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター
 シンクタンク・ソフィアバンク
 デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社